離婚・成年後見

離婚について

やむを得ず、離婚を決意された方にとって心配なことは、,修發修睥ズГ任るかどうか、⊃童△呂匹Δ覆襪里、M椣虍顱財産分与・慰謝料などの給付はどうなるのか、また、相手方が支払わない場合はどうすればいいのか、のズГ里燭瓩亮蠡海はどうすれば良いのかなど様々な事柄に及びます。
あるいは、DVから逃れてきた配偶者にとっては、ゼ分を探しに来られるのではないかといった心配もあります。

本来、離婚は当事者同士での話し合いによって解決することが望ましいと考えられていますが、感情と金銭的利害などが絡み合いとうてい話し合いにならないことも多いのです。また、DVを原因とする離婚の場合に無防備に話し合いを求めることは、相手方配偶者によるさらなる暴力や親権放棄などの違法・不当な約束を強制させられることもあり得ます。

離婚給付が得られるかどうか分からない、感情的対立がある、相手方配偶者からDVを受けているなど心配のある方は、一度弁護士に相談されることをお勧めします。


※離婚のご相談は、初回無料です。お気軽にご相談ください。

成年後見・任意後見

以前、成年後見制度は「禁治産制度」と呼ばれ、暗いイメージを伴っていました。しかし、現在は、「人が誰でも人間らしく生きる」ための制度として生まれ変わりつつあります。とりわけ、現代の超高齢化社会において人生の結実期以降を幸せに過ごすための有効な選択肢といえるでしょう。

任意後見制度は、ご本人の判断能力が十分に存在する時点で、契約によって将来判断能力が低下した場合の財産管理を委任するものです。任意後見人には裁判所によって任意後見監督人が付せられ、任意後見人の適正な財産管理を監督します。ご本人の信頼できる人に財産管理を任せることができる点で優れた制度といえるでしょう。
これら、二つの後見制度は、ご本人の判断能力を補い、福祉サービス契約や不動産売買などの財産処分等を代わりに行い、悪質業者による被害を未然に防いで財産を守ります。そして、財産状況の許す範囲でご本人の希望に沿った支出(趣味・親族への贈与・儀礼的な支出等)を行います。

当事務所では、成年後見の申立をお手伝いし、任意後見契約をお引き受けしております。

ご相談ください

まずは一法律事務所までご相談ください。

ページの先頭に戻る